露天風呂はもちろん、すべてのお風呂とサウナ・釜風呂をご利用いただけます。
シャンプー・石けん等の備え付けはありません。
※タオルを含むお風呂セットをご持参いただくか、販売品よりお求めください。














今日の替り湯は何かな?

様々な替り湯を実施しております。季節の湯やイベント風呂をお楽しみください。
今月の替り湯カレンダーはこちら≫≫≫

【期間】毎月10日、20日、30日
こだわり生薬風呂「萬翠泉」(ばんすいせん)

冷えは「万病の元」と言われ、様々な不調や病気を引き起こすとされています。
冷えの改善にも用いられている紅茶や当帰をはじめとした全11種の天然生薬のお湯です。

【効能】
冷え症、肩のこり、腰痛、荒れ性、しもやけ、あかぎれ、ひび、しっしん、
にきび、あせも、痔、神経痛、リウマチ、疲労回復、うちみ

【期間】毎月26日(風呂の日)
青果風呂(男湯・女湯にて開催)


主に柑橘系の青果を袋に詰めて投入します。
皮に含まれる精油成分が肌の調子を整え、すべすべお肌へと導きます。
袋をやさしく揉むことで香りもお楽しみいただけます。






お湯の布団で、心も体もリフレッシュ

お湯でできた布団(湯船)に寝ころびましょう。
背面の柔らかなお湯の流れとひんやりした外気が心地よく、全身の疲れを癒します。






入浴方法
お湯の中でジェット噴流を楽しめます。血行を促進し、体全体の疲れやコリを和らげます。

お客様へお願い
一度にご利用いただける人数に限りがあります。譲り合ってご利用ください。
ご理解とご協力の程よろしくお願い致します。






さまざまな、水風呂に期待できる効果とは!?

お肌が引き締まり、シワやたるみが改善される!?
肌が冷水に触れることで汗腺が刺激され、肌が引き締まるリフトアップ効果に期待できると言われています。
また、ホルモンの分泌が進むことでシワやたるみの改善に期待でき、ハリのある肌を保ちやすくなります。

脂肪を燃やしてダイエット!?
水風呂に入り体温が低くなると、体は通常の体温を維持しようと脂肪の燃焼を始めます。
さらに利尿作用も促されるため、老廃物を排出するデトックス効果も期待できます。

体の免疫力がアップ!?
温度変化によって生命を維持しようと内臓の働きが活発になり、諸機能が正常に働き抵抗力が増し、
風邪などをひきにくくなる効果が期待できます。






ご利用方法
①体の水滴をよく拭き取ります。濡れたままでは体が温まりにくく、十分な汗が出にくくなります。
②サウナの利用時間は体調に合わせて6分~12分程度を基準に調整して下さい。(12分計をご利用ください)
③サウナを出たら必ず掛け水(掛け湯)を行い、汗を洗い流してください。
④次に体をゆっくりと冷やしてください。水風呂が苦手な方は無理をせず、外気浴をおすすめします。

サウナと水風呂に交互に入ってみよう
サウナで体を温めた後に水風呂に入ると、交感神経と副交感神経を交互に刺激することになるため、
新陳代謝が活発化し、お肌の改善・ストレス発散などに効果が期待できると言われています。

①水風呂をご利用の際は、必ず足元や手先から数回に分けて、心臓から遠い順にゆっくりと掛け水をしてください。
②水風呂はゆっくりと足から順に肩まで入ります。1分~2分程度を目安にご入浴下さい。
③気分良く体が冷えたら、水風呂を出て、繰り返しサウナをご利用ください
④「サウナと水風呂」は3回位繰り返すのが理想的な入り方です。 繰り返し利用すると一巡目より血行が促され、
 より多くの汗をかくことができます。






釜風呂の特徴
釜風呂内部の室温は一般のサウナに比べ低いため、心臓や筋肉に負担を与えません。
10分~15分程度で汗が玉をつづるように快く流れ疲労感なく発汗を促します。
運動不足がちの方や高齢者の方に最適です。

釜風呂の由来
釜風呂は日本に古くから伝わる入浴方法で1300年前に熱気療法として、また、外科的治療としても使用されました。
壬申の乱(672年)に大海人の皇子(後の天武天皇)が京都洛北八瀬の地で流矢を背中に受け、
この傷を癒すため村人が献じたものと言われています。

効能
神経痛、リウマチ、痔病、胃腸痛、喘息、二日酔い、肩こりにも効果が期待されていると言われています。





シャンプー等の備え付けはございません
シャンプー・リンス・石けん等の備え付けはございません。
お風呂セットをご持参いただくか販売品よりお求めください。




Copyright© 2010 アスモ株式会社 All Rights Reserved.